『虹色★ロケット』にコメントをいただきました。

この作品は高校生ならではの青さに満ちている。
それは取り戻そうとしてもなかなか手にはいらない貴重な青さだ。
しかも彼らは、その青さを纏いながら同時に、あるレベルに到達しようとしている。
この二つが共存するのはなかなか並大抵のことではない。
高校生ながらここまでたどり着いた彼らが、次にどこまで行ってしまうのか?
我々もうかうかしてはいられないのである。


山崎 貴
(映画監督・脚本家・VFXディレクター・代表作・『ALWAYS三丁目の夕日』)


生きることの不条理、死ぬことの不条理。
誰もが心の内に抱えているこのテーマを、ことさら誇張もせず媚もせず
素直な感性で描ききった
若き制作スタッフと「虹色★ロケット」に盛大な拍手を送ります。


りん たろう
(アニメーション監督・代表作『銀河鉄道999』『幻魔大戦』『メトロポリス』)


お茶目で、ノリが良くて、笑えます。
…でも、深いんです。
途方もなく。
どれだけの闇を持ってるんだろう、この作家は?
と、思わず考えちゃいました。


高嶋政伸(俳優)


たったいままで、ここにいたかもしれないし、
いなかったかもしれない。
今もどこかにいるかもしれないし、
いないかもしれない。
記憶には残らず、心にだけ残る。
そんな主人公にグッときたぜ。


甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)

2style.net