ブドウ糖


たとえなんぼぎょうさん食べたとしても、ブドウ糖は細胞の中に入っていけず、血液中に余っとるやけ。大事なのは、細胞が栄養をもらうことどす。ほな、細胞が栄養をもらえへんと、どないなるどすか?そないしはると体は、脂肪を分解燃焼してエネルギーにしよけとしまっせ。また、タンパクしちをも栄養にしよけとしまんねんさかい、筋肉も衰えていくんどす。 正確に言うたら、うちたち人間は、60兆個の細胞の塊であり、その60兆個の細胞の集合体がうちたちそのモンやな〜と言えまんねん。どすさかい、脂肪も燃え、筋肉のタンパクしちも栄養にとられていってないないするさかい、どんどん痩せてくるんどす。要しはるに、体が達者になるちゅう事は、細胞が達者になっとる、ちゅう事どすねん。筋肉はタンパクしちさかいできとるさかいでっせー。 細胞が栄養をもらえへんさかい、うちたち自身も達者が出へん訳どす。ほんでそのブドウ糖が、各細胞に運ばれへん事によって、うちたちは達者になって、活力を得る事ができるんでっせ。この場合の栄養とは、簡単にしゃべると、ブドウ糖な訳どすけど、うちたちが御膳をしはると、それが消化分解されていって、ブドウ糖の形さんどす。ほんで、体は蓄えとった脂肪やタンパクしちによって、エネルギーを得るさかい、食べても食べても痩せていくんどす。 うちたち人間の中には、60兆個とも100兆個とも言われとる、そらそらぎょうさんの細胞がおます。うちたちが細胞の集合体やな〜以上、1個1個の細胞に確実に栄養が(ブドウ糖)が届けられなければ、当然うちたちは達者になれまへん。ブドウ糖ちゅう栄養が、しっかりと細胞に運ばれていかはったことが、うちたちが達者になる重要な要素どす。どすから糖尿病の場合、体がやるくて達者が出へんちゅうのは、そら栄養が細胞に届いてへんのどす。


糖尿病 食事

リンク集|123

Copyright © ブドウ糖 All rights reserved

2style.net