クレンジング まとめ

[PR]
茶のしずく石鹸 サーチ
どろあわわ@コスメ【口コミ】
おやすみ骨盤サポートパンツ
クリアエステヴェール 1980円
草花木果 店舗・販売店
カイテキオリゴ 効かない
草花木果 販売店
ラサーナ美髪プログラム
アクネロジー 効果
ガシーレンカー ジャパン
悠香 相互リンク集
アクネロジー4STEPセット 通販
ライスフォース 販売店

現在位置  HOME > 

クレンジングとは、石けん程度では簡単に落ちない
皮脂汚れやファンデーションの残りを含めて、
肌の汚れを毛穴の隅々まで落とすことを目的とする。

クレンジング製品にはジェル・ローション・オイルタイプなど、
落とす汚れの程度や種類・肌質によって多種ある。
クレンジングは毎日のことだから、皮膚にあまり刺激を与えない方法・素材が望まれる。
例えば、UV防止微粒子や、凹凸をめだたなくする微粒子パウダーは、
表面を洗っただけでは毛穴の奥に入ったまま浮き上がってこないし、
汚れた皮脂が取りきれないと黒ずみになったりするので、水溶性クレンジングオイルを使う。
Tゾーンなど皮脂分泌が多い部分や、目の周りなどデリケートゾーンは
オリーブオイルやスクワランなど質のよいオイルと、
カット綿や綿棒を使ったスポットクレンジングを併用するのがよい。

スポンサードリンク

概要

化粧品には、肌を美しく見せ、かつ落ちにくいことが求められる。
多くの化粧品は油性の基剤により顔料などを肌表面に密着させており、
これは普通の洗顔料や石鹸では落としにくい。
そのため、化粧品の油分を溶かし落とすために、専用のクレンジング剤が用いられる。

油分を多く含む乳液などでも代用可能である。
また、マスカラなど特に落としにくい化粧品は通常のクレンジングの前に別途、
専用のリムーバーで落とす場合もある。


クレンジングの方法
ダブル洗顔
クレンジング剤とメイクをなじませて一度洗い流した後、
通常の洗顔料などを用いて洗顔を行うこと。メイクを落とす効果が高い。
シングル洗顔
洗顔料とひとつになったクレンジング剤を用い、洗顔とメイク落としが一度に出来るもの。
ふき取りタイプ
クレンジング剤とメイクをなじませたあと、コットンやティッシュペーパーでふき取って落とすもの。
その後に洗顔を行う。

日本では化粧を落とす際、湯水を使う場合がほとんどだが、
ヨーロッパではコールドクリームやクレンジングローションなどの
クレンジング剤を使って顔をマッサージした後、
化粧水を含ませた脱脂綿やガーゼで顔を拭い、それで終わらせるクレンジングが一般的である。
これは、ヨーロッパの水道水は硬水で、石鹸が泡立ちにくい事と肌を荒らしやすい事が関係している。


クレンジング剤の種類
クレンジングローション
乳状・液状のもの。乳状のものは、クレンジングミルクともいい、
ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリン、オリーブ油に、水、乳化剤などを加えて作る。
液状のものは、クレンジングリキッド、クレンジングジェルともいい、洗浄剤と水が主成分。
クレンジングクリーム
ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリン、パラフィン、マイクロスタリンワックス、
オリーブ油、ホホバ油といった油に、水、乳化剤、保湿剤、防腐剤、香料を加えて作るクリーム。
油分の多いこってりとしたクリームをこう呼ぶ。
肌に付けると水分が蒸発し気化熱により冷たい(cold)感触があるので、この名がある。
クレンジング(化粧落とし)、洗顔、マッサージ、肌の保護、ナイトクリーム、化粧下地など用途が広い。
クレンジングオイル
水油状のもの。ミネラルオイル(鉱物油)、オリーブ油といった油分を基材に、
多く水を加えずに作る。
クレンジングシート
不織布、ガーゼ、コットンに、水、洗浄剤、保湿剤を染み込ませたもの。
それで顔を拭い、化粧を落とす。
2style.net