2style.net

スピリチュアルのブームの問題点とスピリチュアルのビジネス

  スポンサーリンク
 

スピリチュアルとは?

スポンサーリンク

ここでは、スピリチュアルとは、どのような物であるかという事を紹介したいと思います。

 

まずは、スピリチュアルについて辞書で意味を調べてみると、「霊的な」、「精神的な」、「アメリカの民衆から生まれた宗教的な歌(ゴスペルソングなど)」という意味と記されていました。

 

しかし、現在の日本においてのスピリチュアルという意味は、上記で記しているような辞書の意味では対応し切れていない、もっと幅広い意味になっているのではないかと思います。


スポンサーリンク

最近のスピリチュアルのブーム

スピリチュアルブームと言われて数年が経っているように思いますが、ブームになっているだけに、流行語といっても良いのではないかと思います。

 

スピリチュアルには、霊能者的なもののチャネリングや前世診断から占い、ヒーリングなどのように、数多くの分野にスピリチュアルと言われる分野がかなり広がっているように思われます。

 

スピリチュアルブームになっているとは言え、スピリチュアルが好きな人の中には、自分自身の精神性を向上させる事で、より良い人生を生きれるような自己啓発的な思想として取り入れている人達もいるようです。

 

スピリチュアルブームと癒しブーム

スピリチュアルブームが起こす少し前には、癒しブームというものがありました。

 

スピリチュアルは、この癒すしブームがさらに拡大して広がった物でもあると捉えることが出来るのではないかと思います。

 

癒しブームの時には、マッサージやアロマテラピーなどと言ったような、まだ、多少は科学的な根拠がある癒しについてのものがブームになっていました。

 

これが、スピリチュアルブームになると、さらに、霊的や精神的な癒しを与えるセラピーやカウンセリングなどに多くの人の興味が移ったと言っても良いかもしれません。

 

スピリチュアルとしてのビジネス

スピリチュアルに関連する書籍については、現在では、本当に沢山の本が出版されています。

 

さらに、スピリチュアルな占い、さらには、ヒーリングなどを商売として取り組んでいる人も増えてきているようです。

 

スピリチュアルブームが起こった事により、スピリチュアルは、今では大きな産業として成長してきており、様々な消費を生み出すビジネスともなっています。

 

スピリチュアルブームの問題点

スピリチュアルについては、適切に使用していると問題ないかと思いますが、人によっては、スピリチュアルブームでスピリチュアルにはまり、何をするにしても占いに頼ってしまう人が増えてきているという悪い傾向も出てきています。

 

また、何か悪いことが起こったら、自分に原因があるとは考えないで、占いなどに頼ってしまう人も出てきています。

 

さらに、このような人をカモにしているスピリチュアルカウンセラーとして、先祖の霊が供養されていないからとか、または、悪霊が付いているせいだとか、このような事を言っておどかして高額な商品を買わせる悪質な商法を行っている人やカルト的な団体なども存在しているようです。

 

 

どんなにスピリチュアルな事に興味があり、信じているからと言って、高額な商品を買わせようとしている人や脱退するのが難しい団体などの場合には、近寄らないようにする必要があります。

 


  スポンサーリンク